マイカーの保険も・廃車も・下取り査定も
失敗しないためには比較が大事
しかも近頃は、比較がすごく簡単

自動車保険選び

あなたの自動車任意保険選び。何もしないうちにあきらめていませんか? あなたの自動車保険はもっと節約できるかも知れないのに・・・

保険選びは「難しそう」「忙しいから・・・」「面倒」と思われがちですが、近頃の便利な方法を利用すれば、簡単に比較する事ができます。 代理店の担当者など煩わしい思いをすることなく人気保険会社の保険を比較できます。 あなたの自動車保険は簡単に見積比較できます。

任意保険の更新時期は、年に1回の大きな節約チャンスです。 黙って見過ごすのはすごく残念です。 なぜならたった1回の手続きで人気の保険会社があなたの愛車の保険の見積を競う仕組みがあります。

比べるから、どの保険会社が高くて、どの保険会社が安いのか簡単にわかります。 比べるから今よりもっと保険の事が分かり、もっと納得できるはず。

あなたの自動車保険は本当はもっと節約できるかも。

マイカーの下取りと廃車

マイカーの下取りや廃車をお考えなら、まずは愛車の現在の価格を知りましょう。

たった1回の手続きで、あなたの愛車の査定を複数の中古車買取店が競う仕組みがあります。

簡単無料のこの方法、試さず愛車を手放した人が本気で悔しがってるくらいです。

あなたの愛車の本当の価値は愛車無料一括査定で確認しましょう。

昔ならありえないほど、車のオーナーに便利な仕組みですね。


車の下取り・買取り・廃車の知識

20代前半の若者と自動車保険
自動車保険は運転者の属性に応じて高い・安いがあったりします。他の年代に比べて事故の発生率が高いといわれる20代前半の若者は保険料が高くなる傾向にあります。運転経験が浅く運転技術が成熟していないことと、若さゆえの無謀さの傾向も影響しているようです。

高齢者と自動車保険
判断力や反射神経の低下も運転に影響を与えます。60代以降の高齢者にもなると事故の発生率が高くなるようです。若い世代とは違う理由ですが、事故率は上がる傾向です。また一度事故にあったときの、ケガの程度も重くなりやすいです。そのため、保険料も高くなりやすい傾向があります。

中高年女性と自動車保険
20代前半までなら、男性のほうが危険な運転をしがちなので、事故を起こしやすいそうですが、中高年となると男性より女性のほうが運転技術や判断面で事故を起こしやすいそうです。そのため海外の保険会社では男女別で保険料が異なることも多いですが、日本の保険会社の場合、女性に配慮して保険料を高くしていないところも多いみたいです。

車の大きさと保険料
大きい車ほど保険料は高くなる傾向にあります。軽自動車より小型車が高いですし、小型車より普通車が高いです。コンパクトカーよりもSUVのほうが高いです。車体が大きいほど加害事故の加害損害額が増加する傾向があるからだそうです。でも一方で、搭乗者を補償する保険については、小型車のほうが高い傾向のようです。

改造車と自動車保険
まず注意したいのは違法改造車は保険に加入できないということです。合法の改造車であっても加入できないケースがあるようです。改造は保険のことも考えに入れて行わないと後でとんでもない事態を引き起こすことになりかねないです。加入後に改造が分かった時は保険金が支払われないこともあるそうです。

ゴールド免許と自動車保険
全ての保険会社というわけではないですが、ゴールド免許を持った人を対象に割引を行う保険会社もあります。自分の免許がゴールド免許だとしたら考える余地がありそうです。ゴールド免許は無事故・無違反の証明ですからね。でもペーパードライバーのゴールド免許はどうなのかな。

自動車の使用目的
自動車の使用目的によっても保険料は変わります。通勤や業務に使用しない自動車のほうが乗車機会が少ないため、保険料が安くなる傾向にあります。通勤に使っていたけど、使わなくなったりしたときには、速やかに見直すことが大事です。思っている以上に保険料が安くなるかも。

安全装備と自動車保険
いわゆる安全装備といわれる装備による保険料の割引もあったりします。エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ、横滑り防止装置などです。だんだん安全装備も浸透して当たり前の装備になれば、保険料への影響も少なくなってくるのかな。衝突被害軽減ブレーキなど新技術についても動向が気になります。

任意保険
強制保険といわれる自賠責だけでは事故の被害者に十分な賠償ができないことも多いです。そのため、不足分を補うには任意保険が利用されます。加入を強制されないため「任意」です。任意保険は、対人賠償だけじゃなく、対物賠償や、自身や同乗者への対応、車両に関する費用などについても対応できます。

自動車の使用目的
自動車の使用目的によっても保険料は変わります。通勤や業務に使用しない自動車のほうが乗車機会が少ないため、保険料が安くなる傾向にあります。通勤に使っていたけど、使わなくなったりしたときには、速やかに見直すことが大事です。思っている以上に保険料が安くなるかも。

自動車保険の比較
自動車保険の比較はいまや常識です。なぜなら比較する事がすごく簡単だからです。たった1回の手続きで人気保険会社の見積が簡単に手に入ります。従来なら考えられないことが、今では簡単にできるようになってます。つまり自動車保険の更新時期は年に一回の大きな節約チャンスです。しっかり比較してしっかり節約しましょう。

保険金不払い事件
支払わなければならない事故に対して正当な理由無く保険金を支払わなかった事例が調べてみると意外とあります。有名な保険会社も名前を連ねています。自分がそんなことに巻き込まれないように、頭の片隅に置いておくことも大事です。へ理屈で払わないなど「不適切な不払い」、請求がないと払わない「支払い漏れ」、「請求勧奨漏れ」に区分されるようです。

中高年女性と自動車保険
20代前半までなら、男性のほうが危険な運転をしがちなので、事故を起こしやすいそうですが、中高年となると男性より女性のほうが運転技術や判断面で事故を起こしやすいそうです。そのため海外の保険会社では男女別で保険料が異なることも多いですが、日本の保険会社の場合、女性に配慮して保険料を高くしていないところも多いみたいです。

トヨタ

日産

ホンダ

マツダ

スズキ

ダイハツ

三菱

スバル

その他メーカー

特集

.軽自動車.

.コンパクトカー・ハッチバック.

.セダン.

.ワゴン.

.ミニバン.

.SUV.

.クーペ・オープン.

.その他のタイプ.

| 保険と廃車と下取り
自動車旅行こどもちゃれんじ

お問い合わせ

ご感想・お問合せなど(クリック)

Copyright © 2007 - 2015 愛車の保険・下取り・廃車のこと. All rights reserved